2012年08月05日

7月13日(金)コンサート

真ん中グループの端、前から2列目の席。右横は通路。左側にはサクラメントからやってきたという年配の女性。DIVOのコンサートは初めて、と言う。あなたは何回目?と訊かれ、10回ぐらいかしら、と答えるとAmazing!と目を丸くされる^^

オーケストラが入場し演奏が始まってDIVOの登場! 叫ばずにはいられない。今回のワールドツアー「Il Divo And Orchestra In Concert 2012」で一番感動的なのは、個人的には3曲目の「アダージョ」。東京公演初日でもほとんど泣きそうな状態だった(フルサトは別として)。ラスベガスでは本当に涙がこみ上げてきました。隣のご婦人も「涙が出てくるわ」とおっしゃって、二人で涙をふきふき聴いていたのでした。

後半のラビダでは勿論STANDUP! 通路に出て下手な踊りで踊りまくり! 途中セブが階段から降りてきて観客の一人を舞台に上げ、一緒に踊る場面も。チョー羨ましい! その後、セブは私の方も見てくれて(と思う)、私に向かって目と体を合わせながら数秒間一緒に踊りました。ヤッター!

13日のセブの声は素晴らしくて、その歌声に何度も昇天しました、マジで。今まで10回以上聴いたコンサートの中で一番興奮しました。生きてて良かった!と思えるくらい。ブラボー、セブ! ありがとう、IL DIVO!
posted by Chikako at 11:27| Comment(0) | 日記

7月14日(土)サウンドチェック(Q&A)

7月13日、14日と2日連続で公演があって両方ともM&G付きのチケットを購入しました。でも14日のチケットの方が100ドルほど高かったのです。何でだろう、土曜日だから週末価格なのかしら?などと思っていました。(ラスベガスのホテルでは週末に料金が跳ね上がります) そしたら実はサウンドチェックとQ&Aに参加できるチケットだったのです! それがはっきり分かったのはラスベガスへ出かける2週間ほど前。以前からセブに聞いてみたいことがあったので、これは絶好のチャンス。ぜひとも質問しなくては! 質問に答えてくれる間、こちらを見つめてくれるだろうし、それを想像するだけでもワクワク!ということで喜び勇んで出かけたのでした。

14日は午後4時集合。VIPチケットを持った人達が入口に集まっています。昨日に続いて今日も浴衣を着ていた私に「東京から来たの? 私は福生に住んでいるのよ」と話しかけてきたのはアメリカ人女性Aさん。彼女は現在、横田基地に住んでいて夏休みでアメリカに帰省中とのこと。楽しく話をしてメールアドレス交換をする。その後、入場が始まり、会場のホールでM&Gの説明を受ける。すごい人数。100名以上かもしれない。サウンドチェック、M&Gの順に行います、との説明。

サウンドチェックは、ETILAYとHallelujahの2曲。そしてQ&Aタイムとなる。質問のある人は手を挙げてください、と言われ、最後列になってしまった私も懸命に手を挙げる。何人かの質問の後、私の一つ前列に座っていたご婦人が当てられる。私は自分の質問のことで頭がいっぱいで、他の方の話す英語に集中できないこともあり、この方の質問の内容がよく分からない。でも深い内容の質問のようだ。質問を受けたDIVOも「DEEPな質問だ」みたいなことを言いながら答えている。セブが答えている間、ずっとこちらを凝視してくれる。質問者が私の前列の人だったからね、幸せ!

その後、さっき話したアメリカ人女性Aさんが当てられる。彼女は東京公演で初めてDIVOの歌を聴いて感動し、「ふるさと」を歌ってくれたことに日本人がとても感謝していたというようなこと(だったと思う)を話してくれた。それを受けてデビッドが「日本語をロゼッタストーンなどで学習しているが、なかなか上達しない」と言う話などをしてくれた。

質問タイムは続く。セブへの質問がある私は「デビッド、日本への想いをありがとう! でも私はセブに質問があるの」という前置きを思いついた。ちょっとした笑いを誘えるかもしれない。懸命に手を挙げるが指してもらえない(;_;) 「誕生日にしてもらいたいことは何?」などの質問があった後、質問タイムは終わりとなる。それでも諦めずに手を挙げるファンが前方にいて「どうしても質問したいみたいだから」とデビ(だったかな?)が質問を受けてくれる。「18時間かけてブラジルから来たけど、ブラジルにはいつ来てくれるの?」という質問。結局私は質問できなかった・・・ 残念! 質問したかった内容はヒミツです^^;
posted by Chikako at 08:27| Comment(0) | 日記

2012年07月30日

7月13日のビデオ

今回のコンサートでは、スチール写真は皆無といっていいほど撮りませんでした。
ビデオは少し録ったのですが、3年前に買った安いデジカメの録画機能を使って録ったものなので、画質は悲惨です。でも何もないよりはマシということでUPしました。

ちなみにラスベガスでは、見るからにビデオカメラっていう機材は注意されたようです。デジカメの録画機能を使っての録画は写真を撮るふりをしていれば注意されにくい感じ。
スチール写真用のカメラについては、レンズ交換できるような本格的なカメラは、入口の手荷物検査で没収(コンサート終了後に返却)。普通のデジカメでの写真撮影はOKでしたが「ノーフラッシュ!」という注意を何度も呼びかけていました。



posted by Chikako at 22:14| Comment(0) | 日記

2012年07月28日

7月13日(金)M&G

まとまった時間がとれなくて、ブログの更新がままなりません。とりあえず7/13の様子。

M&G参加者は、18:00集合。50名ほどだったでしょうか? コンサート会場のホールでM&Gの説明を受け、しばし待たされた後、地下へ移動。撮影場所の小部屋に撮影される人だけが通されてM&Gする形式。小部屋への入口が狭く前の人の様子がよく分からないので、体を左右にふりながら覗くと、向かって左からセブ、ウルス、カルロス、デビッドの順。最初に右端のデビのところへ行ってバラを受け取り、右から左へ移動しながら挨拶をした後、真ん中に戻って写真に納まるというパターン。
用意されたままの状態ではセブの横で写れない。

私の番が来て、まずデビの所に行くとデビが「コンバンワ!」と日本語で挨拶してくれました。私は浴衣を着てましたので日本語で挨拶してくれたみたい。思わぬ展開に感が狂い、私も「コンバンワ」と返して、カルロス、ウルスとも「コンバンワ」と握手だけで流れてしまいました。

そしてセブ。私はセブを見上げながら「コンバンワ」と言った(と思う)後、こう言いました。「地球上で一番すばらしくて魅力的なのはあなたの歌声です。あなたの声は私の人生を変えたわ!」冗談半分本気半分で言ったつもりだったのですが、セブは真剣な眼差し、深刻な顔で私を見つめます。見つめてくれるのは嬉しいけどシリアスな雰囲気に・・・ うわっ、ドン引き? えー、失敗! 笑ってくれると思ったのに・・・ Really? と言ってくれたような気もするがよく覚えていない。

写真撮影となり、スタッフに真ん中に誘導されたと思うが、それに逆らってセブの横へ行くと、セブの左手が私に向かって伸びてくるではないか! きゃあん*^^* セブが私の肩に手をかけ、引き寄せてくれた。浴衣の帯があったので腰には手を回せなかったのね(←希望的観測)

撮影が終わると「アリガトウゴザイマス」というセブの日本語が頭上から聞こえてきました。その言葉に反射的に反応して振り返り、もう一度握手してその場を去りました。

撮影途中、頭の上から「What kind of KIMONO?」というデビの声で質問が聞こえてきたので、「YUKATA!」と答える場面もありました。14日のM&Gでも、3年前のシドニーでもデビが横からチャチャ?を入れてくれます。そんなデビも大好きです。
posted by Chikako at 10:47| Comment(4) | 日記

2012年07月19日

ラスベガスに行ってきました

7月13,14日のラスベガス公演に出かけてきました。
時差ぼけも抜けましたが、心はまだラスベガスです(DIVOはとっくに移動してますが)
3年前のコンサートも含め、今までの中で一番興奮した公演でした。

書き留めておきたいことは幾つかありますが、特筆すべきは、14日にアンコールでアメージンググレースを歌ったことでしょう。
誰かが、レコーディングしていたようなのでUPします。
posted by Chikako at 00:26| Comment(9) | 日記

2012年06月29日

香港レポート

asakoさんが、3月に香港に出かけられた時のレポートを送ってくださいましたので、掲載します。

-----
☆香港M&Gとお見送り☆ 

今回、娘とお友達母娘と4人で行ってまいりました。

3/18
14時半ホテルにチェックイン、その後なにやら玄関で人だかり。慌てて行くとDIVOじゃなくなんとGAKTが到着……香港でも人気のようです

M&G,18時45分集合、日本のファンのかたが十数名はおられたと思います。
和服姿のかたがたのお一人から3/17ホテルでお出かけ前のウルスに遭遇した話しとツーショット写真をみせてもらいました。なんでもウルスがホテルの玄関からハーレイでお仲間数人とバイクでお出かけしたとか。
お仲間のなかには、女の子もいたとか............これですくなくともわたしたちも、ウルスと同じホテルに宿泊だとわかりました。

簡単な説明のあと、19時にM&Gスタート。プレゼントの直接手渡し、サインもOKでした(ダメだと思ってペンすら準備してなかった)

お席はDだから4列目と思ってたらなんと最前列で感激しました。でも娘たちが座るといいだし、後半だけ座りました。写真もOKでした。

コンサート終了後、ホテルの玄関にはまたGAKTをまつチャイニーズファン達10数名……
わたしたちと香港チャイニーズがひとり、しばらくホテル玄関でDIVOを待ってましたが諦めました。

3/19 朝
お友達親子は、すでにマカオへ出発され、わたしと娘はおそい朝食をとりました。10時15分頃だと思います。娘とロビーでトイレをさがしてフロントに尋ねようとしたら、チェックアウト中の白いハンチング帽のSebに遭遇。彼のチェックアウトが終わって振りむきり玄関のほうへ歩き出した時、「Sebastien!」と声をかけ、「Ienjoyed the concert last night.」と言いました。

わたしはもちろんのこと、娘も近くでSebをみて「わ〜っ」てかんじでした。「Could you take a picture with me?」とSebに写真をとってくれますかという間違った英語をいってしまいましたが、彼は、さっと白い帽子をとってくれ、どうぞという感じになりました。

てっきり、娘がとってくれると思い、カメラを娘にさっとわたし、念願のツーショットと思ったら、娘が「わたしも〜」といいだしました。結局3人でパチリ。

「Thank you」と言ってボー然としましたが、きをとりなおし、玄関に行ったら、車が止まっててそしたらセブが前の席に乗りました。よくみたら後ろの座席に、カルロスそしてその奥にウルス発見。他にファンも見当たらず、私たち二人だけでした。
キャーキャーいう感じでもなかっので、娘と時々カルロスに手をふって静かに出発をまちました。なかなか車はでませんでした。

そのうちに、娘が「トイレにやっぱり行く」といいだし、それで娘のいく方向をちらっとみたら玄関にしゃがんでスーツケースを必死で整理している大柄な青年が..........デビッドだった。いつからそこで荷物を整理してたの? 今度はわたしデビッドの近くに移動しました。

彼は、きっちり、一杯はいってる黒いスーツケースをひろげ、出したり、いれたり必死で何か探して困っている様子。とても声はかけられませんでした。

娘が戻ってきたので、娘に「デビットよ」とつげ、デビットが走って私たちの前をすりぬけ、(なにか取りに部屋?)また戻ってきて、お付きのひとに、もうOKって感じの話をして別の車にのり込みました。

車が出発となってわたしはカルロス、ウルス、セブの乗った車に手をふり、日本式に頭を下げ礼をしました。娘が手をふったら意外にも?奥の座席のウルスが手を振り返してくれましたよ。お見送りは、ホテルの方々と、わたしと娘だけだったとおもいます。

-----以上、レポート終わり

臨場感が伝わってきますね。ウルスが香港でもハーレーに乗るのには驚き! 海外での運転、怖くないないのかしら。セブは、いつでもどこでも優しいし^^ 大柄なデヴィがスーツケースの中の何かを探している様子は、想像できるから楽しい(ごめんなさい、デヴィ)

GAKTが香港で人気あるのは、知らなかった。余談ですが、一昨日6/26、通勤途中、日テレの横を通る時、私と同世代の妙齢な(?)お嬢様方が、ずらっとお並びになってました。これは「スッキリ」に韓流スターが生出演するに違いない、と直感。昼休みにネットで調べたら、チャン・グンソクさんでした。やっぱり! 
去年、DIVOが「スッキリ」に出演すると聞いて入り待ちしたことを思い出しました。そのとき、ファンは私一人でした。空振だったし・・・ でもその翌日だったか、Pホテルで思いがけずセブと二人だけで向かい合う幸運?に恵まれました。いろいろありますね。
posted by Chikako at 00:44| Comment(9) | 日記

2012年06月23日

全てはIL DIVOのために?

来月、アメリカ公演に出かけるので、そろそろ準備をせねば、ということで、眼鏡を新しく作りました。普段めがねはしないのですが、10年以上前に作った眼鏡では、コンサートや講演会のときステージを見るとボヤボヤなので、作らねば、とずっと思いつつ、そのままになってました。3月の東京公演ではあまりの見えなさに嫌気がさしてましたし。で、やっと重い腰を上げて作りました。DIVOのためなら、億劫に思っていたことも出来ちゃいます。

また、去年購入したICレコーダーの調子が悪い(内部時計が1週間で3分ほど早くなる)ので、修理に出したいが、修理に出すといつ戻ってくるかわからないので、アメリカにもって行けないことになる。でもアメリカから戻った後、修理に出すと購入後1年以内の保証期間が切れてしまう。といったことがあって、メーカーや販売店に相談しましたが、メーカーの反応が悪くて、ブチ切れそうになったり、ということがありました。きょうなんとか話はつきましたが。

ということで私の私生活の「全て」というとオーバーですが、かなりの部分は、IL DIVO、あなたのために費やされています。

お遊びで、セブのよくやる仕草をGIFアニメ化してみました。永久に指を振ってもらうことも出来ますが、アニメとはいえ、セブが疲れそうで可愛そうなので指ふり10回で止めてます。
20120623.gif
posted by Chikako at 17:01| Comment(8) | 日記

getmein.comについて

ノートPCのデスクトップがぐちゃぐちゃなので整理していて見つけたのでUPしときます。
もしかしたら既にUP済みかもしれないけど、憶えてない^^;

昨年、ロンドン公演のチケットを手に入れるのに利用したgetmein.com
以下、昨年2011年7月の話。

チケットをUPSのEXPRESSで送付してくれます。(もちろんその為だけに数千円を負担させられますが。) 購入して2,3日後には、配送中のメールが来たので配送状況をWEBで確認したら、イギリスから成田まで来てて「通関中」となってました。これが3連休の前日の話。連休は帰省していたので、東京に戻ってきたら届いてるはず、と期待して東京に戻ってきたら着てない。WEBで配送状況を見たら、成田からベルギー、そしてドイツのケルンへと運ばれてました。ナニ? またヨーロッパに戻ってしまった・・・ これじゃ、いつ私の元に届くの? でもその翌日早朝、中国のシンセンを経由して成田着、夜、帰宅したら届いてました。びっくり。この時点でWEBの配送状況を見たら、全ての履歴は削除され、「配送済み」だけの表示でした。証拠隠滅したな!
バーコードの読み取りミスか何かで配送ミスが起きたのかも。それにしても最後は速かった。
posted by Chikako at 11:33| Comment(0) | 日記

2012年05月26日

聴き惚れて乗り越し

日本公演から2カ月以上が経ってしまいました。DIVO情報の追っかけは休みがちに・・・ といっても通勤電車の中では聴いてます。数日前、朝の通勤電車で私が立っていた前の席が空いたので座ってDIVOの曲をイヤホンで聞いてました。セブの声、なんてステキなの、何度聴いても何万回聴いてもその度にウットリ・・・ ふと窓から外を見ると有楽町付近と思われた。まだね、と思いつつそのまま歌声に酔いしれる。次が新橋の割には電車がすいてるな、と思いつつ、窓の外に目をやると、イタリア街が通り過ぎていく・・・ ぎゃあああ、乗り過ごしてる! なんてこと、セブ! あなたの声のせいで注意力が飛んでしまったじゃない・・・

次の浜松町で降り、天気も良かったので会社まで歩く。そして実はその翌日も危うく乗り越しそうになっていたのでした・・・

あ、そういえば、セブのFBはどうするんでしょう? ノートに書いたり、近況に書いたり、どう使い分けているんでしょう? 何か追っかけやすい方法がないかしら?
posted by Chikako at 21:02| Comment(4) | 日記

2012年04月15日

変わりゆくネット環境

日本公演が終了したことや、もろもろあって、無気力状態。数年利用してきたデスクトップPCの動きが遅すぎるわ、キーボードが使えないわで、もう限界。今、これを打っているノートPCがメインマシンに・・・ 1年以内にWin8が出るみたいだが、それまでだましだまし使うしかない!? 

4/8のセブのFB
P.s : I think i'm gonna have to open another page soon as i can't add people sometimes. A lot of people feel i don't want to add them but that is not the case. I was told that 5 000 is the max it doesn't always work.....

そう、だからフェイスブックページを開いてね! と言いたいのだが(というか実際メッセージを送ったこともあるのだが)、久々に自分が作ったページを見てみたら、仕様が変わっていた。ホント、FBはよく仕様が変わる。これじゃ、ついていくのが大変だ。というか、ついていくのが面倒に感じる自分が歳をとっているのか・・・
posted by Chikako at 09:09| Comment(0) | 日記