2012年08月05日

7月13日(金)コンサート

真ん中グループの端、前から2列目の席。右横は通路。左側にはサクラメントからやってきたという年配の女性。DIVOのコンサートは初めて、と言う。あなたは何回目?と訊かれ、10回ぐらいかしら、と答えるとAmazing!と目を丸くされる^^

オーケストラが入場し演奏が始まってDIVOの登場! 叫ばずにはいられない。今回のワールドツアー「Il Divo And Orchestra In Concert 2012」で一番感動的なのは、個人的には3曲目の「アダージョ」。東京公演初日でもほとんど泣きそうな状態だった(フルサトは別として)。ラスベガスでは本当に涙がこみ上げてきました。隣のご婦人も「涙が出てくるわ」とおっしゃって、二人で涙をふきふき聴いていたのでした。

後半のラビダでは勿論STANDUP! 通路に出て下手な踊りで踊りまくり! 途中セブが階段から降りてきて観客の一人を舞台に上げ、一緒に踊る場面も。チョー羨ましい! その後、セブは私の方も見てくれて(と思う)、私に向かって目と体を合わせながら数秒間一緒に踊りました。ヤッター!

13日のセブの声は素晴らしくて、その歌声に何度も昇天しました、マジで。今まで10回以上聴いたコンサートの中で一番興奮しました。生きてて良かった!と思えるくらい。ブラボー、セブ! ありがとう、IL DIVO!
posted by Chikako at 11:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。